Blog
ZEROTOPブログ

株式会社ZEROTOPのスタッフブログです

3Cで考えるネットショップ設計

マーケティング用語で「3C」というのは、下記のことを表します。

  1. Customer(顧客)
  2. Competitor(競合)
  3. Company(自社)

戦略を考える際に、上記3つの観点からかんがえましょうという思考フレームワークのことを、「3C」と言います。
思考フレームワークとは、物事の考え方を定型化したものです。
このフレームワークを、webサイト設計にどう使っていけばいいのかをご説明します。

顧客が自社と競合をどう比較するか

最も重要な顧客という観点から考える場合、顧客がどんな購買決定プロセスを持っているのかを考えます。
webは比較メディアですから、顧客がどのような情報を比較したいのかということが重要です。
価格、商品画像、送料、納期といった情報はどんな商品でも重要な情報です。
その他に、産地、原材料、獲得ポイント、サイズ、機能といったデータもあるかもしれません。
それら情報を明示的に配置することが、ユーザにとって使いやすいサイトと言えます。
商品情報以外の部分では、サイトの雰囲気、キャッチコピー、会社概要なども判断材料になります。

自社の競合優位性をどうアピールするか

自社と競合を比較した場合に、価格、ブランドイメージ、付加価値、納品スピード、機能など、競合よりも優れている部分をピックアップしていきます。
それらをどのように配置していけばいいのかを考えるます。
顧客が知りたい情報とのバランスを考え、アピールの仕方を考えることが重要です。

競合のパフォーマンスを分析する

競合のシェアを奪うにはどうすればいいのかを考えていきます。
競合がどのようなwebマーケティング戦略を行っているのかというのが大きなポイントです。
SEOやリスティング広告といった検索エンジンからの集客や、バナー広告やアフィリエイトといった他メディアからの集客など、どこに参入すればいいのかを分析します。
顧客のニーズの高いキーワード、つまり検索回数の多いキーワードでは、競合がひしめいていますが、そのキーワードでのシェアを奪うことができれば、売り上げをアップさせる可能性が高まります。
しかし、検索回数が多いからといって、必ず売り上げに直結するとは限りません。
競合のパフォーマンスや顧客のニーズを総合して、参入するキーワード市場を決定しなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー一覧