Web Consulting

成約率を高めるWebユーザビリティ

成約率を高めるWebユーザビリティ

Webユーザービリティとは

Webユーザービリティとは、ホームページを実際に利用する人にとって、使いやすいホームページであるかどうか、ということです。 実際のホームページからの売上アップ、ホームページの成約率アップのためには、徹底的にユーザーの視点にたち、Webユーザービリティを調査、テストします。 そのテスト結果を分析し、ホームページを構築していく必要があります。

  • ページ内の文章やボタン・画像などの各要素のわかりやすさ
  • サイトの目標を明確化して共有し、集客できるサイトへとリニューアルします
  • 操作の学習しやすさ・覚えやすさ
  • ホームページ内のページ間移動の効率のよさ
  • ページの読み込み時間の短さ

上記のことを前提として踏まえた上で、ユーザーはホームページに何を求めているのか、ホームページを利用して何がしたいのか。
ホームページを実際に利用するユーザーの気持ちを考えホームページを制作していくことで、ホームページの目的到達率、成約率が高まります

Webユーザービリティテスト実施

ターゲットに近い人に実際にホームページを利用してもらい、ホームページのユーザービリティを調査、テストします。

  • ターゲットに近い人をテスターを用意
  • Webユーザービリティテスト、シナリオの作成
  • シナリオに沿って、テストを実施
  • テスト結果分析

Webユーザービリティテストの調査結果を分析し、実際にユーザーがどのようにホームページを利用するのか、ということが判明。 ユーザーが好むコンテンツやボタンの配置、テキストのデザインや表現、つまり、情報をどう表示すれば良いのか、というデータが得られます。 このWebユーザービリティテストの結果を反映させて、デザインやコンテンツ、つまり実際のホームページ制作をおこなっていきます。