Web Consulting

企業の魅力を伝えるWebデザイン制作

企業の魅力を伝えるWebデザイン制作

成約につながるホームページデザイン制作とは

ほとんどのホームページは、クライアントのサービスが成約につながらなければ、意味がありません。 その中において、ホームページのデザインは、ユーザーの行動を左右しかねないものであり、デザインの良し悪しで、去ってしまうユーザーも存在し兼ねないのです。

見た目のよさだけがWebデザインではない。

どれだけカッコいいデザインのホームページを制作しようと、ユーザーに使ってもらえるホームページでなければ意味がありません。 実際にホームページを使うユーザーがどんな気持ちでページを見るのか、どのような目的でサイトを訪れ、何を求めているのか、徹底的にユーザーの目線に立ち、ホームページのデザイン制作をおこなうことが重要です。

ユーザー中心のホームページ

そもそも、「サイト運営の目的」と「ユーザーのサイト利用目的」は異なります。 まず、優先すべきはユーザービリティであり、ユーザー中心でホームページを構築していかなければなりません。 デザインの為にある■や▲では、ユーザーには何にも意味が無く、それがまるで押せるような構造であれば、不愉快に思いユーザーはそのホームページから帰ってしまい兼ねないのです。 しかし、ボタンだったり矢印だったり■や▲に意味があれば、ユーザーは納得してその形を意味のあるデザインと判断し、サイトを受け入れてやすくなります。

ユーザビリティに配慮したWebデザイン制作

見た目に懲りすぎず、あくまでもホームページ制作の先には、ユーザーがいる事を忘れてはいけません。 弊社のホームページ制作では、意味のあるユーザビリティに配慮した構成の構築から、デザインを制作していきます。 それにより、ひとつひとつのデザインが必然と意味を持ち、ユーザー中心のホームページになっていきます。 ホームページ制作において一番考慮しなければいけないのは、発注者のクライアントではなく、その先にいるユーザーであると認識し、弊社ではWebデザイン制作をしております。