株式会社ZEROTOPのブログ

多言語サイトを正規化する言語アノテーションの設定方法

2015 年 6 月 11 日 SEO

genngo

多言語で同一のコンテンツを掲載しているサイトや、各国の地域ごとにコンテンツを掲載しているサイトでは、言語アノテーションタグを使用することで、ページが正規化されます。正規化されたコンテンツは、googleの検索結果で最適化され、SEOに効果的です。

 

今回は、ヘッダーのHTMLリンク要素での言語アノテーションの設定方法について紹介します。

■言語アノテーションタグ

rel=”alternate” hreflang=”x”

 

考え方としては、基本となるページの言語を定め、他言語のページはこのページに対応している旨の記述を行います。

スマートフォンページなどの正規化で使用する”alternate”と言語の属性を指定する” hreflang “を組み合わせます。

 

例えば、日本語がメインのサイトで、同じ内容の英語ページと中国語ページを持っている場合下記のように記述し、このタグを3つのページ全てに埋め込みます。

 

<link rel=”alternate” hreflang=”ja” href=”http://XXXXXX /” />

<link rel=”alternate” hreflang=”en” href=”http://XXXXXX/英語URL” />

<link rel=”alternate” hreflang=”zh” href=”http://XXXXXX/中国語URL/” />

 

Hreflangでの言語の指定は ISO の規格に基づいて行います。

代表的なものをご紹介します。

■言語コード 

日本語 ja

英語 en

中国語 zh

ドイツ語 de

スペイン語 es

フランス語 fr

イタリア語 it

ロシア語 ru

 

また、言語と合わせて地域の指定も可能です。同じ言語でも異なる地域のユーザーにコンテンツを提供する場合、言語の後に地域コードを加え、下記のように記述します。

 

<link rel=”alternate” href=”XXXXX/カナダ向け英語URL” hreflang=”en-ca ” />

 

このように地域と言語を組み合わせることで、「オーストラリア向け英語ページ」や「イギリス向け中国語ページ」のような指定が可能になり、より細かい正規化が可能となります。

コメント